【シャニマス】年々予算が削られて今では消滅寸前のあさひPラブ学会

958: 名無しさん 2021/05/21(金) 20:53:17.55
あさひPラブ学会再興の時だ

 

960: 名無しさん 2021/05/21(金) 20:53:45.88
研究会からやり直せ

 

961: 名無しさん 2021/05/21(金) 20:54:06.36
それはあさひ愛依弟学会の俺が許さん

 

968: 名無しさん 2021/05/21(金) 20:55:38.98
まずあさひPラブの根拠をレポートで提出して下さい

 

969: 名無しさん 2021/05/21(金) 20:56:10.93
まずは議題を提出しろ話はそれからだ

 

975: 名無しさん 2021/05/21(金) 20:56:59.95
あさひPラブ学会あまりにも脈が無さすぎて頓挫していた記憶がある
頑張って…

 

984: 名無しさん 2021/05/21(金) 21:00:03.94
いつの間にあさひPラブ学会への風当たりがこんなに強くなったんだ…

 

989: 名無しさん 2021/05/21(金) 21:01:11.04
あさひPラブ学会は理論ばかり提唱してエビデンスを出さないから嫌い

 

990: 名無しさん 2021/05/21(金) 21:01:39.10
あさひPラブ学会とかいうペーパー学会


 

992: 名無しさん 2021/05/21(金) 21:02:10.54
それでもあさひPラブは”可能性”を秘めているんだ
あさひPラブ学は未来へと目を向けた学問なんだ

 

995: 名無しさん 2021/05/21(金) 21:03:20.86
あさひPラブ学会はPラブの証明はともかく二次創作などのPラブあさひ概念の発展に寄与し続けてきたことは明白

 

996: 名無しさん 2021/05/21(金) 21:03:22.49
理念だけじゃなくて実際に役に立つところを見せないとあさひPラブ学会への予算経たれるっすよ

 

998: 名無しさん 2021/05/21(金) 21:03:36.64
あさひpラブ学会は研究機関じゃなくて宗教法人

 

999: 名無しさん 2021/05/21(金) 21:03:47.20
あさひPラブ学会は永遠に不滅

 

22: 名無しさん 2021/05/21(金) 21:04:52.31
あさひPラブ学会は全日本あさひ進学シチュ会議に吸収されました

 

53: 名無しさん 2021/05/21(金) 21:13:22.89
あさひPラブ学会の人達はとりあえずあさひ可愛いタイムはじめてくれ

 

引用元: https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/gameswf/1621570651/

https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/gameswf/1621597269/

55 件のコメント

  • わかってないな
    あさひはプロデューサーに「自分だけをずっと見ててほしい」この欲求が満たされている限りは満足しているためPラブの兆候を見せない
    シャニマスのコミュで提供される状況は「あさひとP」または「あさひと他のアイドル」のみである。
    前者の場合は「Pが自分だけをずっと見ている」ため題意が満たされており
    後者の場合は「あさひがPを見ていない」つまり「Pがあさひを見ていないことに気づいていない」ため、あさひ視点では題意が満たされている。
    だが、この前提条件は容易に崩れうる。
    実際には「あさひと他アイドルとP」という状況が日常的に発生するはずであり、この場合「なんでプロデューサーさんわたしを見てないっすか?」「わたしより他の子の方が気になるっすか?」という疑問が発生し、Pラブが顕在化する。
    またはPと一緒でない状況でPのことを考え始めた場合「今プロデューサーさんはわたしのこと考えてるっすかね?」「突然連絡しても構ってくれるはずっす!」となり、やはりPラブが顕在化する。
    しかし上のような状況はシャニマスのゲーム内では起こり得ないので、コミュであさひのPラブが顕在化することはおそらく今後もない。あるとすれば、Pと一緒にいる状況での「匂わせ」にとどまるだろうが、シャニマスのコミュの傾向から言って「コミュ外での出来事を匂わせる」ことはしないため、こちらも確率は極めて低い。
    以上より、あさひはPラブだが、それをコミュで顕在化させることは無いと論証できた。Q.E.D.

    6
  • 〜という発言があるからPラブだ。といったように恋愛感情に根拠を求めようとすると、あさひコミュには今のところそのようなコミュはほぼ無いため他のPラブ勢には一歩劣るかもしれない。しかし、本当に恋愛感情に明確な根拠は必要なのだろうか。恋愛観についての女性の心理として「意識した男性をより深く知っていくなかで、だんだん好きになっていく」という特徴の1つが挙げられる。それに基づくと、あさひは初期の自身の、主にパフォーマンスにしか興味のなかった頃から、ストレイメンバーやP、そしてファン達に自分を見てほしい。自分のしたい事にPも付いてきてほしい。自分とPの考えや価値観を照らし合わせ、あさひなりに正解を求めようとする。これらからあさひはPを1人の人間として大きく意識している事は明らかである。
    しかしそれは男性としてではなく、おそらく1人の人として。現在では冬優子、愛依への感情と同列かそれ以下かもしれない。
    よって私は、あさひは現在はPラブではないが、Pラブへの過程を少しずつではあるが進んでおり、いつか好きになってくれるかもしれない。
    と考えている。長文難しいね

    6
  • Pラブかはわからんし担当でもないけど、Pのこういうところが好き!をつらつら並べたてた後「これが恋なんすね!」ってキラキラした笑顔で言ってくるあさひは見たい
    その後どうするでもなく、確認してくるあさひ

    8
  • 冬優子Pラブ学会やら夏葉Pラブ学会とか他に精査すべき学説がひしめいてる中あさひPラブ学会なんて末端の末端に割く予算はないのだ

    7
  • あさひが恋愛感情理解したらストレートに告白してかっさらっていくのでNG
    蕎麦屋の一件を通り抜けた奴に「アイドルだから恋愛NG」なんて概念はない

    8
  • そもそもの件、あさひPラブ学会の起は何だったのか?
    あさひはPラブ勢である。という事を論じたのが始まりではなかったはずである。
    あさひPラブ学会は多くのあさひ及びシャニP有識者(別名空と青と俺達)で形成された、”あさひはPラブとなれる可能性を多く秘めた存在だ。”という認識が多発的に周知された事が発端で、論争の終着点であったはずだ。
    遥か昔、シャニPが隣にいる事に安心していたあさひに、あさひの可能性を縮めないように理解できずとも精一杯の努力をしていたシャニPに、我々が望む桃源郷を見出したのではなかったのか?
    それを私含む今の学会員達の怠慢によって霞ませてしまったのだ。
    ストレイライトと言うユニットがあさひに与えた影響、今に至るコミュ、grad…このどこにPラブ要素を見出せる?そんな声に、いつからか我々は目に見えるPラブ要素ばかりを求め疲弊し消耗し過ぎてしまった。
    思い出すべきだったのだ、蕎麦屋のコミュで。
    あれはあさひを理解したつもりになっていた我々へのあさひPラブ神による警告だったのだ。
    多くの人々(プレイヤー)を困惑の渦に陥れていながら、あの中で唯一やはりシャニPだけは違った。
    すれ違った、間違った、理解し合えなかった。
    それでも、あさひを理解しようとし、あさひに何かを伝えようとしていた。
    そう、我々は傲慢にも忘れてしまっていたんだ。
    あさひは成長を続けているということを。
    あさひはこうだから、恋愛感情があればこう!とか、見せないのは理解できていないからだ!とか、そんな小さな事ではなく。
    長い目を持つ事を忘れたのだ。
    空と青とアイツ…我々のバイブルだった筈だ。
    大人と子どもの対比、我が道を征くあさひとその道が正しくあれと願うシャニP。そしてその道の先で後ろにシャニPがいる事を疑わないあさひ。
    これが我々のPラブだったじゃないか。
    成長の過程、興味の行き先、そして自己理解。
    隣にいる事への安心感が、日常となり慣れてしまったのだったとしたら、見せる面もまた変わる。
    我々の見たものがなくなったわけでは無いのだ。
    今はあさひの深層心理奥深くへと沈み、顔を出す時を待つその芽を注意深く探すのだ。
    メイドあさひで学んだ、誰かの真似事から理解した恋愛感情が自分の中にあるシャニPへの信頼と何が違うのかを考える時に。
    我々はもう一度立て直さなければならない。
    ソラに手を伸ばした彼女が進む先で脚を下ろすべき場所を。止まり木の在り方を。後ろにいる存在を。
    誰が何と言おうと。
    目に見える収穫が無かろうと。
    今は雌伏の時。至福の時。
    我らがあさひPラブ学会は不滅だ。

    54
  • Pが他のアイドルと親しくしてるのを見て
    「なんかよくわからないけどモヤモヤするからやめてほしいっす!」って徐々に不機嫌になってくコミュ良かったよな・・・

    30
  • WINGの「きっともっと、特別な何かが」とか、感謝祭の「わたしを、わたしだけを見ててほしいっす」とか、ピースはあちこちにあるんだが
    一周目あさひの「生まれたばかりの色んな気持ちがあって、まだ言い表す言葉が見つからない」が一番的を射た表現だと思う つまり……シュレディンガーのあさひ……?

    24
    • そのピースの先にあるものがPラブであると保証するものがないままここまで来てしまったからね
      カルピスウォーターを何倍に希釈するつもりなのか

      3
  • あさひPラブ概念が提唱されるようになって久しいが、その存在を証明する現象は未だ確認されていない。本文書では、【House keeping!】コミュに焦点を当てることであさひPラブ概念の今後を予想するものである。
    【House keeping!】にて、あさひ(以下彼女)成長痛が起きていることが示されている。また、同コミュにおいては他人の目からの映り方が重要となる役者として、他人からどう見えるのかという問題を大きく取り上げた。
    従来の彼女への描写は天真爛漫に自分の興味を満たし続ける彼女を表現することに尽きていたが、当コミュにおいては明確に他人からの目を意識せざるを得ない社会の事実が示された。
    また、成長痛による暗喩は、彼女の自分本位な性質が単純な特別な創作物としてのキャラクター性ではなく、未成熟な精神に起因する要素があることを示唆している。
    以上のことから、彼女の人間性もまた変化の中にあることが明らかになった。特に他人からどのように見られるのかという点は、彼女の個性である自由さに密接に関わるのとから、今後の彼女にとっての重大なテーマとして取り上げられるようになると考える。

    また、一般的に、他者からの見え方を考慮する態度は人間関係の基礎を支えるものであることは自明であり、ひいては男女における人間関係の極地であるところの恋愛についてもその態度は必要であるということは疑い難い。
    従来よりユニット、ストレイライトのメンバーのコミュでは、外面と内面の錯誤が常に示されてきたことから、私は、彼女がユニットメンバーを参考にして自らの外面を形成する可能性が高いものであると考える。
    つまり、ユニット全体のPへの好意が男性の視点からの視線に変化するのであれば、あさひPラブ概念は実現の端緒を掴み得るのではないだろうか。

    37
    • 素人質問で恐縮なのですが、「他人の目」について質問させてください。
      あさひはWING『その心、飽くことなし』で練習に集中し過ぎた際に「プロデューサーさんが言うなら、きっとそうっす」と述べていますが、これは自分の状態を見るPの視点を、主観よりも信用している描写であるように思います。
      また、初期PSSRである『ジャンプ!スタッグ!』のTrueEnd「わたしの目、貴方の目」からも、Pの目を強く意識し尊重する姿勢が見えています。
      また、『――またいないよ、芹沢』事件からわかる通り、あさひはPやストレイ以外の他人の目を認知しているし、その上で奔放に振舞っているだけだと言えます。
      このことから、発表者様の「あさひの精神が未成熟故に他者からの見え方を考慮できていない」という主張には懐疑的にならざるを得ないと感じたのですが、この点についていかがお考えでしょうか?

      18
      • フロアの方から素晴らしいご質問をありがとうございます。
        まず私が先に述べさせていただいた「他人の目」や「他者からの見え方」という言葉の曖昧だったため説明させていただきます。ここでいう他人あるいは他者というのはときに不特定多数である第三者のことを指します。私が文書中にて注目した【House keeping!】においては、役者としての仕事の中で、Pやユニットメンバー、ファンに限られていた従来のコミュと比較すると、意見を投げてくる第三者としてのスタッフとの関わりがあったことが特徴であると考えています。
        この第三者による批判的要素を含む評価の目に対して、要求される振る舞いを積極的に模索する必要があったという点において、彼女の主観性の挫折がありました。繰り返しにはなりますが、特にそれが自己表現であるライブパフォーマンスではなくむしろ他者表現である演技だったという点に関しては非常に象徴的です。
        さて、ご質問いただいた先生が仰る通り、これまでにもあさひは自分よりもPの意見を尊重するというケースが多々確認されています。このことに関連して紹介させていただきますと、あさひにとってのPやユニットメンバーは第三者ではなく、むしろ自分の一部に近い位置付けであることが学会員より報告されています。今回の私の発表もこの意見を支持するものです。
        さらに、これまでの彼女に見られたPの意見に従う事例のいずれにおいても、その動機は自己表現であるパフォーマンスの自己の絶対評価による尺度を持った完成度を上げるということに尽きます。決して他者としてのPを喜ばせるために、などという考えに基づくものではないわけです。
        私の論に立ち返りますが、演技というものは不特定多数の第三者に対して何らかの感情を呼び起こすものであり、評価をするのは自己ではなく他者です。ここに評価の尺度が他者に委ねられています。
        人間関係であるところの恋愛においては、相手の気に入られたいという考えのもと、様々な振る舞いが行われます。恋愛の典型的な実存はこの振る舞いにあり、その前提としてはやはり相手の期待するものを探る行為が必要になるわけです。
        【House keeping!】は自分の内側の頼れる大人としてのPが、自分の外側の一人の男であると認識されるために必要な、評価基準の外在化を取り上げたものであると言えましょう。ご紹介してくださった【ジャンプ!スタッグ!】に準えて言わせていただくと、「私の目、誰かの目」とでも言えるものではないでしょうか。
        以上のことから、私は成長痛というストレスの暗喩を含みながら、恋愛の前提を一つ満たしたものとして、これをあさひPラブ概念の成立に寄与するものであったと考えます。
        素晴らしいご質問をありがとうございました。
        他に何かご質問がありますか?あれば時間の許す限りお答えいたします。

        23
    • その予算で次のあさひSSRが引けるかもしれねえんだぞ!必死な奴を馬鹿にしてんじゃねえ!!この理屈はバカだけど!!!

      21
  • できる……まだできる……あさひが恋愛というものを知り、興味を持ったときに爆発するワンエモーションの想像でまだ戦える……

    7
    • 甘奈学会は予算審査厳しい
      実態の明らかじゃないあさひPラブ学会では絶対通らないだろう
      恋鐘学会はあさひ可愛い学会の活動資金ってことにしとけばワンチャンある

      10
      • 凛世学会も一見予算審査厳しそうだけどチームマリアのよしみでほんの少しだけ審査条件を緩和してくれそう

        3
    • これに対し各学会からは厳しい意見も
      「あさひ学会は……既に、十全な予算を……持っております」
      「組織内の予算編成に介入出来る立場にない☆」
      「実態のないもんに予算ば割くのはいかん」
      あさひ学会内の予算案に対しての追及は今後も続く見通し

      26
    • あさひ学会に予算がないわけじゃないんだ
      あさひ学会内の予算割からあさひPラブ学派に予算が割かれないだけなんだ
      あさひPラブ学派は他学会とのシェア争いではなく内ゲバの解消が先ず求められる……

      11
        • 木が言ってるのはJKがアラサーに恋することはあっても
          アラサーがJKに恋することってありえるのかってことじゃないの?

          二次元だとシャアとか(厳密には違う)割と多いイメージだけど
          現実だったらアラサーがJKに恋するなんてまずない。
          (まあ、そもそもJKに触れる機会が普通なら絶無)

          3
          • アラサーはJKに恋しないのではなく恋したとしても叶う確率は極めて低いand叶ったとしても社会の目が厳しい
            のでそもそも恋したとしてもそれを公に出すことは極めて稀というのが近い

            6
          • 日常的に接する高校教師なら当たり前に有り得る話やろ、実際
            手を出すかはまた別の問題としてな
            卒業した後とかならもう当人間の話やし

            8
      • 大学生に憧れる中学生と書くとまぁ絶対なくはなさそう
        けど普通はもっと身近な子に恋するんじゃないかね

        3
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。