【シャニマス】#シャニマスたんとお食べ部という疲れた心を癒やすハッシュタグ

711: 名無しさん 2021/10/08(金) 23:56:07.41
#シャニマスたんとお食べ部 とかいう疲れを癒やす有能タグ


 

723: 名無しさん 2021/10/08(金) 23:56:42.24
>>711
このタグ神
小糸の前にどんどん食べ物出される絵好き


 

741: 名無しさん 2021/10/08(金) 23:57:50.02
>>723
樋口が作ったタグかな?

 

762: 名無しさん 2021/10/08(金) 23:58:39.25
>>741
間違いないね

 

753: 名無しさん 2021/10/08(金) 23:58:17.03
>>723
これすき


 

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/gameswf/1633697235/0-

50 件のコメント

  • なんも言わずに絵上げる人とか、noteで書く人とかいいよね
    こういう時にシャニマス好きです!ってやってくれる人たち

    31
    • note シャニマス 新着 でよく読むんだけど
      昨日から気が滅入る記事多いなと思ったら 一気に努めて明るくしようとしてる記事が増えて嬉しいわ

      1
  • 贅沢言わないから摩美々と灯織と小糸ちゃんを娘にして毎日一緒に料理したあと食卓を囲みたらふく食わせてえ〜

    16
    • 誰の胃袋を掴みたいかって話なら…
      ぼくは甜花千雪小糸美琴シャニPはづき
      特に後ろ3人にはさっさと仕事を切り上げて早く帰ってきてほしい

      7
  • 食べ物と言えばちょこ先輩なんだけど
    食べ物を与えたい、与え続けたいって思うのは小糸ちゃんなんだよねー

    32
    • 小糸ちゃんはだんだん口がいっぱいになったりお腹いっぱいになったりしてペースが落ちてくるから可愛いねってなるんだけど
      表情を変えず無限に吸収を続そうな先輩は与え続けているうちに自分はなにか取り返しのつかないことをしてるんじゃないかって気になってくるからダメなんだよね

      1
  • ノクチルinスイパラ
    「元取るよ、めっちゃ」と言いながら大量に持ってきてすぐにお腹いっぱいになる透
    「そんなに食べないでしょ」とか言いながら小糸ちゃんに食べさせる分大量に持ってくる円香
    「あとは円香先輩にあげるね〜」と言いながら沢山の種類を食べては食べかけを押し付ける雛菜
    「も、もうちゃんと食べないとダメだよ!」と言いながら頑張って食べる小糸ちゃん

    36
  • 樋口円香有識者だ!
    福丸小糸にたんとお食べしがちな樋口円香に対する考察を通して、食べさせるという行為が何であるのか、またそこから「シャニマスたんとお食べ部」にて重要であるものが何なのかを示したい。

    樋口円香は、自身の基本的行動方針であるところの「TPOに即した言動」に、媚態を見出し嫌悪感を抱いている。むしろ他者を顧みない肉体的な欲求や人間の個人的な意志や情熱が肯定されるべきであると考えている。
    また、福丸小糸はノクチルにおいて注目を浴びてこなかった真面目な存在として描かれている。いわゆる「見せる技術や見られる覚悟のある子」の対照である。あまり見られることがなかったため、必然的に何かに媚びることもなかった。また本人の傾向として、自分にとって譲れないものがあれば、例えそれが法律のような大きなものであろうとも従うことはない。
    樋口円香が福丸小糸に向けている感情は、どちらかと言えば恋愛というより尊敬に類するものである。また樋口円香に度々見られる福丸小糸への過保護な対応については、注目を浴びる存在になった福丸小糸が、傷付き挫折して意志の強さを損なってしまうのではないかという恐怖心からくるものである。
    ここで、樋口円香が福丸小糸にたんとお食べするということはどういうことなのかを考えていきたい。
    食べるというのは言うまでもなく当人の欲求である。食事それ自体に他者への媚態が含まれることはないため、樋口円香は食事をする人間が好きだ。特に他ならぬ福丸小糸が食べているのであれば、それは非常に肯定されるものであろう。樋口円香は福丸小糸が食べているという光景をただ眺めるために食べさせていると言える。
    一方の福丸小糸は食べすぎで少し苦しそうな表情をしていることにも注目したい。ここでは先だって述べた過保護な言動の原則を外れている。もしここで福丸小糸が樋口円香に止めるよう哀願しようものならば樋口円香は大きく傷付くことになるが、引き続き食べさせているのだ。
    それでもなお食べさせる理由に関しては、福丸小糸への意志の強さへの信頼も当然前提にあるが、むしろ樋口円香自身がそうしたいと望んでいることに注目したい。福丸小糸が嫌がっている以上は、樋口円香自身が誰かに媚びるという状況を免れる。ただ純粋にその光景を見たいという彼女自身の欲求を確認できた上で食べさせているため、その行為は彼女にとって確実に肯定されるべき振る舞いなのだ。
    他に相手にとって必ずしも快くない行為としてイタズラがあるが、イタズラというものは相手に構ってもらうためにする媚態に満ちた行為であり、樋口円香が食べさせる行為は、これとは対照になる行為である。
    自身の欲求に対して誠実に振る舞う彼女の姿を見て私は思った。
    樋口円香には激情がある。
    このように、食べさせるという行為一つを取ってみても、様々な物語性や背景を包含する余地がある。公式がそうしている以上、「シャニマスたんとお食べ部」については、食べさせられる側だけでなく、食べさせる側への十分な考察がなされているのかについても考えていきたい。平安時代には「こころざま」といわれた解釈ポイントとして、この食べる存在と食べさせる存在の双方についての描画が評価項目になるだろう。

    42
  • ありがとう…ありがとう絵描人達…
    俺は果穂に美味しいものをいっぱい食べてほしいよ…ちょこ先輩はちょっと座ってくれや

    15
  • 次々お菓子を頬張る小糸ちゃんをずっと眺めていたい
    小糸ちゃんの笑顔には必須アミノ酸が豊富に含まれているんだ

    10
  • シャニマスたん と お食べ部ってなんだと思ったら、シャニマス たんと お食べ部だったでござる

    15
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。