【勇こな】継承の効果と方法







勇者のくせにこなまいきだDASH!の「継承」についてご説明します。

継承とは

継承とは、魔物にエサではなく、魔物を合成することで、合成された魔物を強化することです。

継承によって出る効果

効果は主に2つです。

・攻撃力が上がる…通常の強化でレベル10に到達していても、継承レベルの上限に達していない場合、その上限を引きのばして強化することが出来る。

・スキルレベルが上がる…スキル発動までの掘数を少なくし、スキルを発動させやすくなる。

管理人としては、勇者を捕獲する魔物のスキルレベルをあげて、倒してしまう前にスキルを発動させたいと考えています。
また、強い勇者攻略にあたって、強い魔物をより強くしておきたい、と言う方も継承で上限上げ済みの魔物は良いかもしれません。

継承の仕方

必要なもの
・魔物(元になる魔物とその魔物と同じブロック色の魔物)
・破壊神パワー

まず、ホーム下「魔王のへや」から「継承」をタップ。

継承の元になる魔物を選びます。
(管理人のボックス内に、整理されずたくさんいたので、ここではデラスタナーに合成するとします。)

選んだら「まとめて追加」。
合成させる魔物を選びます。

選び終わったら、継承後、どのように変化するのか確認し、大丈夫そうであれば「継承開始」。

継承素材になる魔物の選び方

継承で合成する魔物は、継承で合成される魔物と同じ色のブロックでなくてはなりません。
それを踏まえた上で、以下を参考にしてください。

同じ魔物合成で、レア度に応じた攻撃力ポイントとスキルレベルアップポイント100

同じ魔物を合成させると、レア度に応じた攻撃力ポイントと、スキルレベルアップまでのポイント100の両方を稼ぐことが出来ます。
レア度による攻撃力のポイントについては次に記述します。

☆レア度による違い

合成素材になる魔物の☆の数(レア度)によって、レベルアップまでの個体数は変わります。

上の画像のデラスタナーは、10/10で1レベル上がります。
レア度が高いほど(☆の数が多いほど)継承素材の魔物は少なくてすみます。

レベルによる違い

合成素材になる魔物の普通のレベルによる違いはありません。

片方だけ合成しよう・・と言う場合は、レベルの低い方で構わないでしょう。

ただし、スキルレベルが既に上がっていた場合、少し様子が違います。
この「ウィル・オ・ウィスプ」はすでに継承後で、レベル+1になっています。


もう1度貼りますが、同じレア度☆4のニジリゴケです。

このように増える数は合成される魔物の継承レベルによっても変わってきます。

注意事項

同じ色のブロックの魔物であっても、編成されている魔物はそもそも選択出来ません。
合成素材にしたい場合は、あらかじめ編成から外しておきましょう!
(合成された魔物は消えます!)

また、継承後の魔物を進化させると、スキルレベルもリセットされてしまうため、進化完了後に継承するか、進化を諦めて継承するか、一時的に継承させ、進化させたあとにまた継承するかになります。

魔物の数もそんなに稼げない場合が多いかと思います。
やはり進化後及びもう進化させない魔物を合成元にすることをおすすめします。